昭和55年に駅西通りで開催された「駅西チャリティバザール」 岐阜新聞掲載資料より

駅西銀座振興会は、駅前の繊維問屋街の近隣地域として、戦後まもなく繊維関連の問屋やメーカーがこの地域にも進出し、当時は200店舗近くが参加していた振興会で、50年以上の歴史があります。

通称「駅西通り」では、秋・冬の2回、「駅西チャリティバザール」が開催され、多くの出店で大盛況でした。
最盛期の昭和55年には上記の写真のように、最新ファッションが格安で買えるので、多くの人々が参加され、新聞にも掲載されました。

現在では、朝日大学病院様や全国展開される遊興施設大手の「ガイア」様、マルキョウテキスタイル株式会社様、丹羽木材様など、地元の代表的な皆様に会員になっていただき、相互支援活動をさせていただいております。

●駅西銀座振興会の顧問は、市議会議員の和田直也さん(市議選トップ当選された実力ナンバーワン市議)にやっていただいており、会長の杉山が上智大学卒業生岐阜県代表でもあるので、同じ上智大学卒業生の元郵政大臣の野田聖子議員とも懇意で支援やアドバイスをいただいております。
また、岐阜市長の柴橋さんにも杉山が関わるファッションイベントや岐阜駅周辺の再開発活動もあり、支援やアドバイスをいただいております。

★下記サイトは、野田聖子議員や柴橋市長、和田直也市議会議員様たちとの交流を紹介したものです。

http://station24.jpn.org/2020/02/16/nodaseiko1/ 

http://station24.jpn.org/2019/12/01/collection/ 

http://station24.jpn.org/2019/03/27/amuse2019/

岐阜放送の「昭和がらくた劇場」で取材を受ける駅西銀座振興会役員

2017年の5月には、岐阜放送の人気番組「昭和がらくた劇場」で駅西地区が取り上げられ、駅西銀座振興会の歴史や現状を各役員がインタビューされ、
この地域にある老舗名店のいくつかが紹介されました。

http://station24.jpn.org/retro/

駅西地区には、昭和レトロな名店が多く、岐阜放送のテレビ番組や名古屋テレビにも取材で放映されたお店があります。

http://station24.jpn.org/retro2/