元旦の金神社前で、和田市議の岐阜市政報告演説。旧長崎屋のビルがリノベーション検討対象との報告。

金神社前で街頭演説をする和田市議
初詣の大勢の参拝者で賑わう金神社

元旦の初詣参拝者で賑わう金神社前で、駅西地区振興会の顧問でもある和田直也市会議員による恒例となった元旦街頭演説がありました。
岐阜駅前周辺の再開発の進捗状況や岐阜市政の様々な動きを1時間以上聴かせていただきました。

特に注目したのは、柳ケ瀬にある20年以上も空きビルとなっている「長崎屋」が、かつて原宿・表参道の若者文化の発信地だった伝説の「セントラルアパート」のような賑わいのあるビルにリノベーションする計画が検討中とのことで、とても楽しみです。

先日は、その旧長崎屋ビルの1階で「クラブ柳ケ瀬」が開催され、多くのパフォーマーが出演し、大勢の若者が参加して楽しんでいました。こんな若者文化の中心地としてここが生まれ変われば、柳ケ瀬の大きな活性化につながると期待します。

旧長崎屋ビルで開催された「クラブ柳ケ瀬」のイベント
大型スクリーンに映し出される「クラブ柳ケ瀬」内部の様子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です