岐阜市リモートオフィスの「Neo work-Gifu」がオープン

ソフトバンクの孫正義社長が巨額投資をしたことでも知られ、世界的に注目され広がりを見せている「リモートオフィス&シェアオフィス」事業ですが、 12月20日(金曜日)、岐阜駅東地区の再開発ビル「岐阜イーストライジング24」の2階にいわば岐阜市版のリモートオフィスとして開設されました。名称は「Neo work-Gifu」。コンパクトな個室の「リモートオフィス」や固定席スペースの「シェアオフィス」、ミーティングやコミュニケーション作りに便利な「コワーキングベース」など、快適な健康志向の空間で最先端のビジネス環境が手軽に手に入ります。

酸素が供給されリフレッシュできる 酸素ルームもあり、リラクゼーションしやすい空間作りは、都会的なビジネス展開に最適だと思いました。

また、低価格で、この駅前の住所を事務所の住所として登録することができるサービスがあり、個人でも、東京や大阪など都市圏エリアに向けた情報発信が「駅前住所」としてできる点も大きなメリットで、 岐阜駅周辺に若い起業家たちが集まってくるのを期待したいものです。


室内の写真や利用方法の詳細は下記の各サイトを参照してください。

●岐阜市参考サイト⇒ https://www.city.gifu.lg.jp/36746.htm

● Neo work-Gifu 参考サイト⇒ https://www.neowork.life/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です