柳ケ瀬リノベーションの波を岐阜駅周辺へ!

柳ケ瀬では若手を中心に、古い商業ビルを改装して新たな業態で運営する「リノベーション」の動きが活発化しています。
岐阜駅周辺や特に岐阜駅西地区では、中高層マンションビルの建築が増え、商店街というより、オフィス街やマンション街へと街が変貌しかつては繊維関係を中心に隆盛した商店やオフィスビルの空きスペースも目立っています。
街の方向性が、柳ケ瀬地区とはかなり違いますが、柳ケ瀬リノベーションや「やながせ倉庫」の活躍は、岐阜駅西地区の活性化のヒントになるでしょうし、若い人たちのエネルギッシュなパワーが駅西地区でも少しずつ増えて行けばいいと思っています。
下記の記事はフリーペーパーのタウン誌「aun(あうん)」72号に掲載されたものを引用させていただきました。最新版の「aun(あうん)」は、岐阜駅構内のいくつかの場所にも配置されていますので、ご興味のある方は、ぜひご覧ください。

柳ケ瀬リノベーションの仕掛け人の人たち
キーマンの大前さんは以前に美殿町の「まちで作るビル」のお話を伺ったご縁があります。
柳ケ瀬地区活性化のきっかけとなった「やながせ倉庫」
「aun(あうん)」72号

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です